読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わひょわひょMTG

MTGとか他の色んなTCGのお話 こんな場末に来てくれるのは有難い……有難い……

【MTG】マルドゥグリーンと戦う時のアレ的なソレ【MO】

またの名をアブザンレッド、ジャンドホワイト。

所謂青抜き四色のデッキを最近良く見かけます。

あのデッキに辛酸を嘗めさせられた方は多いのではないでしょうか?

もちろん私も舐めさせられまくっています。

倒しても倒しても復活する《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》や呪禁も許さない豊富な除去。呪文を多用するデッキかと思えばサイや《森の代言者/Sylvan Advocate(OGW)》、《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》などの高スペック生物を繰り出してきます。

うざい事この上ないですよね。

一度ゲームが長引いてしまえば無限とも思われるアドバンテージ力で押し負けてしまいます。中途半端な速度のアグロデッキでは《はじける破滅/Crackling Doom(KTK)》や《焙り焼き/Roast(DTK)》《残忍な切断/Murderous Cut(KTK)》などの豊富な除去に引っかかってしまい、ようさく相手のサイやゴブリンを倒したかと思えば《棲み家の防御者/Den Protector(DTK)》や《コラガンの命令/Kolaghan's Command(DTK)》で回収されてしまいます。

結局気がついたらやられていた。と、なってしまいます。

 

それもそのはずこれらのデッキはほとんどが何かしらの手段で1対2交換を取れるようなカードで構成されています。

防御者、ゴブリン、コラコマ、《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》、《アブザンの魔除け/Abzan Charm(KTK)》などがこれに当たります。

……列挙しているだけで「こんなん相手せなアカンのか……」って気持ちになりますね。

サイや《魂火の大導師/Soulfire Grand Master(FRF)》はライフアドバンテージを稼いでくれるため生半可なライフレースを挑めば逆にこちらが打倒されてしまうでしょう。

残忍な切断や《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》、《焙り焼き/Roast(DTK)》は軽量除去、特に前者の2つはタイミングを選ばないインスタントなことも相まってテンポアドバンテージの獲得に貢献してくれます。

極めつけにほとんどどのデッキでもフル投入されている《はじける破滅/Crackling Doom(KTK)》は《龍王オジュタイ/Dragonlord Ojutai(DTK)》のような呪禁持ちやその他破壊不能持ちのクリーチャーたちを嘲笑いながら打ち倒しおまけにライフまで持って行きます。

MTGはアドバンテージを取るゲーム。と言うのは間違いなくこのゲームの側面の一つでしょうがここまでアドバンテージに特化された構成を見ると改めて生半可なデッキでは太刀打ち出来ないことがよくわかります。

 

さて、この難敵にどう挑めば良いのか?

 

同型を使う。

これも一つの答えですね。こういうデッキ同士が戦うとお互い焦土になった挙句トップ対決・・・となってしまう場合も多いと思われますのでそれが気にならないならありでしょう。サイドボードを含めた構成を弄ることで同型に強くもできます。

アタルカレッドのような速攻デッキを使う

使う側にも使われる側にもなっていないので机上の空論を出ませんがこれでも厳しい戦いになるのでは? と思います。

魂火とサイのライフゲインが厳しく、昨今のアタルカレッドをアタルカレッドたらしめている《強大化/Become Immense(KTK)》&《ティムールの激闘/Temur Battle Rage(FRF)》コンボ(もちろんこれに頼らない構成があることも十分承知です)はこれだけ除去を構えられてしまうと打ちどころが少なく、直接火力も少ないのでクロックであるクリーチャーを除去されてしまうと攻めが止まってしまいます。

トークンによる面戦略ならば相手の除去をスカらせやすいので赤系が光明を見出すならここでしょうか? サイドボードの《光輝の炎/Radiant Flames(BFZ)》が目の上の瘤ですが……。

クリーチャーを出来る限り削りプレインズウォーカーを採用する

やはりこれでしょう。

相手が除去を構えてターンを回してきてもプレインズウォーカーなら危なげなく君臨できます。こちらが出したトークンに除去を使ってくれるのならば万々歳(はじける破滅だけは若干怖いですが……)デッキに青は使われていないので打ち消しにも怯えずに堂々と出してやりましょう。

《ゼンディカーの同盟者、ギデオン/Gideon, Ally of Zendikar(BFZ)》や《龍語りのサルカン/Sarkhan, the Dragonspeaker(KTK)》をクリーチャー化するタイミングには十分気をつけてくださいね! 油断して破滅を食らったら目も当てられません。

4~6マナ域の強力なプレインズウォーカー達。彼らをどう安全な戦場に降臨させるか。

あとはここが課題になってきますね。

解決方法としては。

・序盤を除去で守る

・序盤を打ち消しで守る

わかりやすのはこの2つですね。当たり前すぎて書くまでもないとは思いますがまぁ一応。

個人的には《絹包み/Silkwrap(DTK)》や《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》など追放除去の豊富な白、《真面目な訪問者、ソリン/Sorin, Solemn Visitor(KTK)》や《灯の再覚醒、オブ・ニクシリス/Ob Nixilis Reignited(BFZ)》などの優秀なプレインズウォーカーや《完全なる終わり/Utter End(KTK)》も使えるので黒。

最後に打ち消しの青を足せるエスパーカラーのプレインズウォーカーコントロールが最適かなと思います。最近の青の打ち消しは追放できるものもあるのでありがたいですね! 存分に打ち消してやりましょう。

相手がいくらアドバンテージに特化してこようとこちらの場にプレインズウォーカーが生き残れば十分に太刀打ちできます。

更に白が入ることで《荒野の確保/Secure the Wastes(DTK)》も採用できます。

相手ターンの終わりにこれを唱えてやればもう破滅やコラガンの命令など怖くありません。帰ってきた自分のターンにギデオンの紋章を使って轢き殺してやりましょう。

プレインズウォーカー+除去+カウンター+相手ターンに能動的に動けるカード

この組み合わせ! 美しい!(と思ってます)

さて早足ですがサイドのお話を少し。

環境の相手はこのデッキだけではありません。ウザさでは引けをとらない4cラリー。何だかんだ一定数いる赤系アグロ、上記のデッキに打ち消しが入ったジェスカイブラック、ランプ、等など・・・

多くのデッキにサイドイン出来るであろう《否認/Negate(M15)》

ラリーにものすごく刺さる《神聖なる月光/Hallowed Moonlight(ORI)》

赤に強い《アラシンの僧侶/Arashin Cleric(FRF)》

スペル戦のおともである《強迫/Duress(M11)》や《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》、強迫はメインに2枚ほど採用しても腐る場合が少なので良いと思います。

ハンデスはランプにも強いですしね。

この辺りが候補でしょうか?

他にも《鞭打つ触手/Flaying Tendrils(OGW)》や《僧院の導師/Monastery Mentor(FRF)》なども居ます。

このタイミングでいうことではありませんがいっそ青を抜いて白黒の二色にしてしまえば《闇の掌握/Grasp of Darkness(SOM)》などの除去も採用しやすくなるのでそれでも良いでしょう。

本当に何故このタイミングで書こうと思ったんだ・・・

 

さておき

 

最後に個人的におすすめしたいサイドカードがあります。

それは《ゲトの裏切り者、カリタス/Kalitas, Traitor of Ghet(OGW)》です。

もちろんメイン採用もありです。

今更このカードの強さを強調するのも茶番めいた感がありますがそれでも書きます。

まだ使っていない方、なんとなく試していない方。

強いです!

絆魂によるライフゲインと4というそれなりなタフネスは赤系に刺さります。

追放能力は4cラリーやその他死亡誘発を機能不全にさせることができます。

愚直なアグロに対しては一回でも除去を打つことができれば大儲け、祭り、宇宙です(言い過ぎ)

何かあまり論理的にこのカードの強さを説明できていない気もしますが使えばわかります。是非一度お試しになってはいかがでしょうか?

 

これはおかしい!とか色々あるかもしれないですけど何卒……何卒……

 

無意味に長くて理解し難い文章を最後まで読んで下さった方がいるのかどうかはわかりませんが、ここまで読んでくれた人には感謝感謝です。

 

では。

 

はい。