わひょわひょMTG

MTGとか他の色んなTCGのお話 こんな場末に来てくれるのは有難い……有難い……

【MTG】SOI新カードほにゃらら(苦渋の破棄)【MO】

f:id:wahyohyo:20160315003908p:plain

美しいイラスト。

シンプルなテキスト。

往年の強カードである名誉回復/Vindicateを思い出させるマナコスト。

これらの要素が既に完成度の高さを思わせます。

ストーリー的にも非常に重要そうな場面ですしあらゆる意味で美味しいカード。

さてこのカード、強いのか? それとも普通なのか?

比べる対象は名誉回復……ではなく(流石に土地も壊せないしコストが同一なだけで全然別物ですよね)KTKの万能除去《完全なる終わり/Utter End(KTK)》でしょう。

1マナの差で3点のペイライフ。 分かりやすい違い。

完全なる終わりは大抵のデッキに腐らない丸い万能除去ではありましたがその重さを嫌われて4枚採用されるようなカードではありませんでした。

多くて二枚、メタ的に《死霧の猛禽/Deathmist Raptor(DTK)》や《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》多い時のエスパーコントロール系のデッキが稀にサイド込で三枚積んでいたことがある程度でしょうか。

それは、4マナというけして軽くないコストのカードであるにもかかわらずどこまで行っても結局のところ1対1交換しか取れず、4マナというコストの重さゆえにゲームの後半までテンポを取ることも出来ないのがその理由の一端だったと感じます。

 

それが3マナになると話が変わってきますよね。5ターン目に2マナの呪文とツーアクション取れるようになりますし、スリム化したことで容易に複数枚積むことが出来ます。

3ターン目4ターン目とジェイスで使い回しでもすれば相手は阿鼻叫喚でしょう。

これは強い! 使い得!

 

3点のペイライフがなければ……

 

ジェイスで使いまわしでもした日にはそれだけで6点失います。流石に痛い。

ライフを守りながら戦線を支えてくれる《包囲サイ/Siege Rhino(KTK)》はもういないのです。

《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》や《骨読み/Read the Bones(ORI)》と同居することもかなり厳しいでしょう。

この3点にはウィザーズの軽々しく便利な万能除去を使わせてやらんぞ、今回はきっちり調整したぞ、という無言の意思を感じます。

コントロール系が手放しで採用するのは難しそうです。サイド以降の致命的なカードに対処するためにサイドボードの居場所はありそうです。

プレインズウォーカーにインスタントタイミングで対処できるカードなので強いプレインズウォーカーがどれだけいるかなども影響しそうですね。

 

ではアグロに入るのか?

これも手放しでは難しいかもしれませんね。アグロが使う除去としてはもう1マナ軽くトークンにも強い石の宣告があります。調査こそ行わせてしまうが悠長なハンドアドバンテージを有効活用させないのがアグロデッキであるのでこちらの方が優先されるかな、と。逆にコントロールはインスタントであることとハンドアドを稼がせてしまうことから敬遠されそうです(トークンが多いならサイドはありそう)

 

現時点の予想では、どのタイプのデッキにも入る可能性はあり、どのデッキにもある程度は使えますが、ペイライフの存在故に裏目をひいた時がかなり痛いので、メイン1サイド1。もしくはメイン無しでサイドのグッドカードというあたりが最初の立ち位置なのかな……という感じ。

 

こんな感じですかねぇ。

 

まあ新カードの強弱なんて始まってみないとわかりませんが……(プロの方々でも事前予想はよく外します、一般人の予想ならなおさら拍車が)

 

とりあえず思いつくままに。 数時間後には的外れな内容と足りない言葉にに赤面しているかのうせいが無きにしもあらず。

 

はい。