わひょわひょMTG

MTGとか他の色んなTCGのお話 こんな場末に来てくれるのは有難い……有難い……

【MTG】原点回帰のジェスカイバーン(スタン最々末期)【MO】

f:id:wahyohyo:20160329020809p:plain

スタン落ちの足音が迫ってきている。

MOは現実世界より一週間遅れるためやや少しの猶予があるがそれでも残り二週間弱である。

ならば。

最期はタルキール環境でお世話になったカードと共に戦いたいと思うのが人間の感情だろう。

原点回帰だ。

アナフェンザ包囲サイのアブザン鉄板コンビを味わうも良し。

色事情により序盤こそさほど使われていなかったが最期には環境最強除去にまで登りつめたはじける破滅を唱えるも良し。

あまり日の目を見ることは出来なかったが凶暴な拳刃や龍爪のスーラクを用いたティムールビートダウンを構築してもいいだろう。

 

スゥルタイ? スゥルタイは……うーん……鞭とサテュロス返してくれませんかねぇ……

 

さてそんな中私が選択したのはジェスカイである。

アブザンにサイがいるならジェスカイにはカマキリがいる。

頭のおかしい魔除けだったアブザンチャーム程ではないがジェスカイチャームの汎用性もまた素晴らしい。

そして何より多くの人が構築フォーマットではお別れになるであろう金玉漂流在外,阴谋勾画其间。……そう宝船の巡航である。

もう一つほぼ永久BANを食らいつつあるDIGこと時を越えた探索はあらゆるコントロール系デッキで使われた(私もエスパードラゴンやグリクシスコントロールでさんざんお世話になりました。感謝!)が、こちらのカードは特にスタン後期では苦い真理にお株を奪われてしまい華々しい活躍とは行きませんでした。

最期に一花咲かせてやりたい……(でも二枚、要調整)

そのジェスカイを使ったデッキが上記のリストになった。

ジェスカイテンポというよりかはジェスカイバーンである。

ジェスカイチャーム、極上の炎技という二種類の四点火力をゴブリンの闇住まいで使いまわそうと言う魂胆である。追加のフィニッシュ火力として火口の爪も採用しています。

X火力なので一見ゴブリンの闇住まいと相性が悪そうに見えますが闇住まいの効果で唱えるときはほぼ自動的に獰猛も達成できているので最低限2点の働きはしてくれます。

これだけ火力が入っている&エルドラージビートなどにダメージレースを仕掛けたいので魂火の大導師は四枚採用しています。

カマキリはほぼ三点火力として働いてくれる上にプラスアルファが大きい攻防一体のカードで当たり前に四枚。

スペルデッキに入らないわけがない新世代の神ジェイスこと神童ジェイスも四枚。

メインでも早いデッキに多少は対処したい&タフ3を焼ける焦熱の衝動をニ枚。

最後に赤包囲が四枚。

正直四枚は採用し過ぎな感もありますが、その理由の半分はアドバンテージカードとして好きだったこと、これも落ちてしまうこと、などの理由で四枚です。

もう半分は個人的に相対することがあまり好きではないデッキであるマルドゥグリーンにかなり強いカードなので絶対負けないように四枚積んでいます。相手がドロコマ積んでいるとお陀仏ですが……。

サイドは青系も含めた除去コンに強くなる見えざるものの熟達(これも落ちますね)

もっさり系に強い軽蔑的な一撃、中隊やラリーをカウンターできるので重要ですね。

地上戦に強い炙り焼き、並べてくる相手に強い光輝の炎と柔軟な運用が効く弧状の稲妻、このカードも闇住まいで採用できるとかなり強いですね。光輝の炎は闇住まいによる再利用が聞かないのでカードを散らす面もありました。

 

ラリーやカンパニーに不利がつくようですがこれは現状のMOメタゲームを意識して作っています。

強弱はさておきMO上で多いのが赤系アグロ、マルドゥグリーン、エルドラージ系デッキです。これらのデッキはジェイスが必要なく安価に組め、なおかつ一定のデッキパワーが保証されているため人気があります。

MOでリーグに入ったら三戦がエルドラで二戦がマルドゥだった! みたいな事も珍しくありません。もちろんラリーもバントカンパニーもいますが絶対数は少ないです。

 ニ構になると更にその傾向は高まるように感じています。

これらの理由からマルドゥグリーンとエルドラに強いメインを作っています。

 

新戦力とスタン落ち間近のベテランの力が融合した最後のジェスカイ。

 

如何でしょうか?

 

はい。