わひょわひょMTG

MTGとか他の色んなTCGのお話 こんな場末に来てくれるのは有難い……有難い……

【WAR OF BRAINS】ラピスデッキの立ち回りのお話

まずはこれを見て欲しい

f:id:wahyohyo:20170213000242p:plain

ウォーブレ……頑張ってくれ……。

f:id:wahyohyo:20170213000319p:plain

これなら多少マシに。

あまりにも世の中にウォーブレの情報が少なすぎる、少ないからやらない、ほにゃらら、の悪循環。断ち切りませんと。

f:id:wahyohyo:20170213000430j:plain

これが現在使っているラピスのデッキになります。

ネットのレシピとの比較はできませんがラピスデッキと当たった時によく入っているカード、余り見ないカードで言えばほぼ、よく見かけるカードのみで構成されていると思います。細かいリストの違いは対戦だけでは判断できないので割愛。

 

低コストのカードは主に機械シナジーに寄せて作ってあります……序盤の要である2/2/2(コスト/パワー/タフネス)ユニットを詰め込もうとすると必然こうなるというのが正しい表現でしょうか。

 

1コストのライリーは先行初手からのブン回り(ライリー→シリメツレツ→ラッキー→ヨウユウギなどの流れ)に貢献してくれますしガンヴィートはいつ引いてもそれなりに嬉しいカードです。1ターン目でも出します。

 

マグナのウェスタンやタオシンの龍の子はさっさと対処できないとそれだけで負けかねないのでそれを素早く処理できる1コストはデッキに必須です。

 

フクロウは除去を多く抱えたコントロールデッキに対するアドバンテージを喪わないクロック、後手にブーストで無理やり主導権を入れ替えに行く役割(こちらが後手に2/2をプレイ、相手の返しがラッキーの時など)を担っています。

 

犬っころは2/2/2がもう1枚欲しかったので入っています。この辺は宗教なんで例えばグスマン1枚とかでもいいかもしれませんね。

 

アサギリは言わずもがな後述のアルトオルトとの二枚コンボ。これなくしてラピスの防衛面は成り立ちません。相手の巨大生物をブーストで殺しに行くなど仕事は様々。

 

スナイプは正直あまり強くないカードですがラッキーを除いて他にロクな3コストが居ないこと、ハマった時の防衛力が尋常ないことなどから採用しています。相手に除去がなければスナイプにアサギリをブーストすると時間が稼げます。

 

オルディアは先手4だと強いです、他にもありますがちょっと飛ばします。

 

アルトオルト。ラピスをラピス足らしめている1枚と言っていいでしょう。このカードが一体どれほどのアグロデッキを屠ってくれたことか……。

本人のパワーこそ0ですが相手だけに飛ぶ全体ダメージは破格オブ破格。

一石二鳥はお手の物3.4体と持っていくこともしばしばあります。

アルトオルトが立っているだけで相手はアサギリコンボを警戒しなくてはならず展開が鈍るのもグッド。

打ち終わって置物になってもソウルバーストの頭数に貢献してくれるなどいたれりつくせり。

ちょっと語りすぎましたが最強カード。三枚。絶対。

 

ヨウユウギ。ほぼ全ての勢力のデッキに入っているのでは?という汎用性。4コストで3/3に1/1クイックがついてくるようなものです。破格です。

後手に回りがちなラピスでアルトオルトを引けなくてもこれさえいればゲームになります。

 

神秘の鹿。大きいグスマン。後手では安定した壁。先手では相手の守護消し。どちらでも強い。便利カード。三枚安定かどうかはわかりません。

 

ギャラック。全体除去はゲームが安定する(安定するため)後手に回りがちな(ryなので引きたい試合は多いが攻めたい時に重ね引いたりすると流石に弱いので二枚。

オーバーヒートで出すことで後述のタンゲと併せて無理やり道をこじ開けることもできます。

 

 

竜吉公主。強い。以上。

 

白獅子。強い、かっこいい、BGM滾る。以上 まぁ大型クイックが弱いわけ無いですよね。

 

タンゲ。ラピスの屋台骨。デッキをデッキ足らしめている強カード。二枚引いても強い。タンゲを出すまでにいかにタンゲで削りきれる算段を立てておくか、プランを練っておくか、それが重要。ブン回りや、相手の事故以外の勝利手段はだいたいこいつです。

タンゲから出すと強いがために防衛時に弱くガーディアンも突破できないオルディアが入っているわけですね。

 

立ち回りについて

オバヒタンゲソウルバーストレベル9での現実的な打点は

パワー2(+2)×3の12点+αでしょうか? 一コスが多いともっと打点を出せますね。

タンゲを出すまでにいかにして8点(前後)を削るのか。これがラピスの戦い方で重要な点だと考えます。

例えば、自分の場に2/2、相手の場に2/2と1/1がいる時に有利な交換を取りたくて1/1を殴ることが多いと思います(特に後手の場合)が、それが必ずしも正着とは限りません。殴れる時に殴っておかないといざタンゲを引けても数点足りない……となってしまうことがよくあります。

どうせタンゲを出してしまえばそれまで何点削られようが相手の場に何体いようが(ガーディアンは別ですが)勝つので、そこまで押されていないときは有利な交換よりもガンガン顔面を殴りましょう。

白獅子が強いのもここに帰着するのですが、単体で5点稼いだ上に低コスト高スペックの2枚、圧倒的なバフ、問答無用のダメージと四枚のうちどれが手札に来てもタンゲでライフを詰めるために必要なカードを絶対に持ってきてくれます。がんばてって生成しましょう。

ついでに手札のカードで何点出せるかのリノ算タンゲ算はさっと計算できるようにしておくといいですね。

各国相手の立ち回りもそのうち追加したいですね。今日はここまで。お疲れ様でした。

 

f:id:wahyohyo:20170213004800j:plain

ご高説垂れてるけどお前どないやねん言われたらあれなんで僕はこれくらいですよと。

最低限の保証になると助かる。

まぁ廃人には追いつけず、って奴ですね。ぶっちゃけプレイヤーが少ないのでなんとかBP100位以内にへばりついてます。

RPはどっかで連敗してすぐ落ちます。

では。