わひょわひょMTG

MTGとか他の色んなTCGのお話 こんな場末に来てくれるのは有難い……有難い……

【ウォーブレ】エラッタが来ましたねという話。

稼働から約三ヶ月がたちようやく環境にメスが入ることになった。
1枚ずつ変更の理由やこれからについて考えていってみよう。
……と言っても正直下方は妥当だな……と思うものがほとんどであるが(下方の内容の可否は置いておくとして、だ)

 


《天を貫く王龍》コストが7から8へ。
タオシンの決戦兵器。中速以上のタオシンと相対する相手は中盤以降必ずこのカードを念頭に入れて展開を、不自由な展開を行わされていた。
盤面を掃除する能力がアグロに強くメモリーを縛る能力がコントロールに強く、さらに破格のパワー7はフィニッシャーとしての威容を存分に放っていた。
環境最初期以外はずっと使われていたのではなかろうか。
しかし強いと言ってもそこはゲームチェンジャー。1枚しか引けないものをそうそう引けるわけでもないので個人的な評価は「たしかに強いけどヤバすぎるカード」ではない……といったところであった。


あるカードの登場までは。

審判の竜騎士ジャオロン。この便利すぎるサーチカードがタオシンを一気に強化することになった。

ログイン時にドラゴンを持ってくる能力によるハンドアドバンテージ。
ログアウトによるコスト軽減のテンポアドバンテージ。
そのわりに3/2/2の悪くないスタッツ。
これが使われないはずもなくジャオロン入りのタオシンは流行しついでに王龍の降臨回数も増えることになった。
六ターン目に王龍を出されてしまうともうゲームエンドである。

畢竟、下方は当然のことだろう。一コスト重くなるだけで随分取り回しは悪くなるだろうがさて。

《ブラック・オペレーション》のコスト軽減が廃止。
軽くなりすぎていた。以上。
三枚刺しでも腐りにくいのはあまりにローリスク・ハイリターン。

個人的には医者の少ないマグナで使っていたのでまだまだお世話になる予定です。
8でも十分強い。打たれてもアラディアより不快感無いですしね。

《不快な音響兵器》4から2ダメージへ
これは???って感じでした。そんなに見るものでもなかったので。
ただ先手のアグロタオシンにハメ殺されたら不快、という人が多かったのでしょうか。強さとまた異なったベクトルの修正に感じますね。
受ける側としても使う側としても相手によっては腐るリスクも大きかったので妥当な印象でした。

《壱天衆 ヨウユウキ》
みんな大好きヨウユウキも皆が大好きすぎたため下方。
使われないデッキはほぼ存在しなかったのではないでしょうか。
先手でも後手でも序盤でも終盤でも強く本当に便利なカードでした。便利すぎたという。
スタッツが下げられてしまいこれまでのように必ず積むカードではなくなるでしょう。
特に攻めるデッキにおいては弱体化したかな、という印象。受けるデッキではまだまだお世話になりそうです。
タオシンでは流石にマンダリニアが優先されるでしょう。

《災厄の使徒 テンホウ》《サイコバトラー》
2/3/3が許されるわけ無いだろ!!
ウォーブレを先手ゲーと言わしめていた重罪人たちでしょう。
テンホウは2/2と相打ちを取られるようになってしまい正直全く使いたくないカードに。先手ならまだそれなりでしょうが後手での弱体化が激しく余りにリスキー。先手ゲーしたいならレオ使いましょう。
一方のサイコバトラーはラッキーを突破できなくなったもののまだまだユニオンの序盤を支えてくれるでしょう。2/2と一体二交換はまだまだ使えますしね。

《暴食龍 ガウ》のコストが6から7に
コイツも強いことしか書いていなかったカードですね。
6/5/5に除去がついてくるのが弱いわけがない上にコイツはドラゴン。ミャータン→ガウ→王龍に屠られたプレイヤーは数え切れないことでしょう。
使われたプレイヤーだけでなく使った側にもクソみたいなバグでストレスを与え続けたこのカード。
7だと流石に重いので何も考えず三枚つめるカードではなくなりそうですね。

 

シェド増えてくれるといいっすね。新カードのアン・サリヴァンクッソ可愛いので早く使いたいんじゃ~^

 

以上早足の雑感でした。